ぬる~い玩具道

模型、ゲーム、RC、おもちゃ全般なんでもござれ!浅く、ぬる~く楽しみましょう(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AWTH THE LIVE 01 超人機メタルダー ~レビュー編~

ACTION WORKS TOEI HERO THE LIVE 01 超人機メタルダー

動画編に続いて(遅れて申し訳ありません)、メガハウスの
『アクションワークス 東映ヒーロー・ザ・ライブ01 超人機メタルダー』です。

いつもなら動画の中で殆どの事を説明するので、別の記事にしたりとか、
あまり多くは書かないのですが、今回は多いです。
理由とかその他、色々と気になる方は、是非続きを(^^)
もちろん、ヒートトリガーではありませんよ(笑)


先に『AWTH THE LIVE 01 超人機メタルダー ~動画編~』として紹介しましたが、
今回はその続きです。

実は、前々からビッグオーの後にやると予告していたのが今回のメタルダーです。
フィギュアーツもどきと言っていたのは、動画内でサイズ比較に出した様に、
ほぼ、と言うかちょうどフィギュアーツと同じサイズのアクションフィギュアだからです。

最初は、フィギュアーツと同様のレビューだけをするつもりでした。
その時にこの記事自体も半分以上準備は終えていましたし。

でも、メタルダー自体がマイナーな上に、メガハウス内でも仕切り直しと言える最初の
アクションフィギュア。正直売れる気がしません;^^)
(結構、値が張るんですよね)

でも、思い入れ補正もありますが、私自信はとても気に入っています。それに、このシリーズも
続いて欲しい。

となると、ココだけじゃなくて、動画を作ってより多くの人に知って欲しくなったわけです。
実際、どれだけ効果があるのか分かりませんが、ココだけよりは多いと思うので。

そんな訳で、途中から動画製作も加わったので、ちょっと時間が経っています。
それに、レビューするつもりでいたので、説明も今回は大目です。

こういう時って、その後は少し放心状態になるので、ココの更新が少しゆっくりになる可能性も
あったりします;^^)その辺は、どうか御容赦下さいm(__)m



それでは、最初に『超人機メタルダー』について少しだけ。

メタルダーは、「メタルヒーローシリーズ」の第6弾として1987年の3月から全39話が放送された、
東映の等身大特撮ヒーローです。

メタルヒーローと言うと、『宇宙刑事ギャバン』から始まったなかなか人気のあるシリーズですが、
このメタルダーは全39話からも察する事が出来る様に、シリーズの中でも視聴率が低い事で
有名でもあります。

その理由は色々あると思うのですが、私の思いつく限りを上げてみると、

・主題歌にヒーローの名前が出てこない
・それまでの勧善懲悪とは限らない、ハードな内容
・主人公が人間ではない(人間体になるロボット)
・変身アイテムや、武器を持たない

などだと思いますが、一番はやはりハードな内容だったからだと思います。
そのせいもあって、途中で放送時間枠の移動や、内容の路線変更もされました。
そのくらいに視聴率が低かったのですが、小さな子供よりも少し年齢の高い人からの評価は
高かったと思います。

私は大好きでした。
一旦路線変更された内容も、終盤にはまたハードな内容に戻りましたし、最終回だけは
当時撮ったビデオが今でも残っています。

メタルダーの魅力は一杯あるのですが、今は止めておきましょう;^^)
ライダーや戦隊と違って、なかなかレンタルにはならないのですが、DVD-BOXは出ています。
(私が知ったのはつい最近でした・・・)
もし機会があれば、第一話だけでも見て下さい。

多分、今の目で見れば、視聴率の低迷の理由に上げた幾つかは、全く弊害にはならないと
思います。
10年、20年早かったんですかねぇ。そんな作品です。



それでは、いつもの様にパッケージから。
パッケージ表裏

普通のフィギュアーツの箱を横に2個並べたくらいの大きさで、厚みも少しあります。


セット内容です。
パッケージ内セット状態

こんな感じで、本体の他にオプションと台座が付属しています。


と、ここまで出して、いきなり体操の画像・・・
体操をしている訳ではありません

ではありません;^^)
ちょっと理由があるのですが、後で説明します。
まずは、膝の辺りに注目をして下さい。


膝当てパーツのアップです。
膝当て下部より

膝当ての裏に『L』、『R』の刻印があるのが確認出来ると思います。

え~、ちょっと待って下さい。メタルダーは、右が青く、左が赤いボディです。
ですから、青い右足には『R』、赤い左足には『L』・・・になってないですね?;^^)

どうやら、組み間違いがあるようで・・・


で、いつもの様に分解しました(笑)
膝関節部:分解状態

ちなみに、膝当てそのものは本当は関節パーツに接着されています。
最初、膝当てだけが左右を間違えていると思って外してしまいました;^^)

黒い関節パーツは、周りをドライヤーで温めてから力任せに引っ張っただけです。
直ぐに壊れそうな程に脆くは無さそうですが、もし真似される時はそれなりのリスクは
覚悟の上で実行して下さい。


この画像は、一応正しい状態で配置していますが、左右が違うだけではなく、
上下も違っていたみたいです。

パーツを良く見てもらうと分かるのですが、膝当てにも関節パーツにもLRの刻印がありますし、
膝当てと関節パーツの接合部も向きを間違えない様に個別の凹凸が付けられています。

ですから、恐らくですが左右を間違えた、と言うよりは上下を変えた?のではないかと
私は考えています。
左右が変わったのは、上下を変えた時に、変える前に外側に来ていた部分を同じ様に外側に
する為です。ちょっと分かり難いかも知れませんが、クロスする様な感じで交換したと言う事です。

何故、上下を変えた?かと言うと、


左が製品の状態で、右が私が正しいと考えた向きに直した物です。
左:修正前 右:修正後

上段の画像で比べると、製品の状態の方が膝の黒い関節が見えなくて良い様に見えます。
しかし、下段の様に横から見ると・・・。


これは正座した時の比較です。
左:修正前 右:修正後2

実際、どちらの状態にも一長一短がある(本当はそれじゃいけないのですが;^^))様に
思えますので、本当に組み間違えたのか、急遽変更したのかは分かりません。

ただ、知る限りの通販のショップ等で見る実際の商品画像は、左の画像、つまり購入した時と同じで
左右が間違っている状態の様です。恐らくほぼ全てがこの状態で出荷されているのでは
ないでしょうか?

また、メガハウスのHPやパッケージ画像は・・・関節パーツの見え具合からすると、右の画像、
私が修正した状態と同じみたいですが、混在している気も?

正直、どちらが正しいかハッキリと断言は出来ません。リスクを考えると、製品のままでも
可動など特に問題はありません。
私は、常に真正面から見る訳では無いので、見栄えと、恐らく原型時点の意図を汲み取って、
付け替えました。

ですから、この説明に使った以外の全ての画像、動画は修正後の状態にしています。
その為、最初に説明させて頂きました。


一応、もう一度比較を。
左:修正前 右:修正後3



それでは、改めてセット内容です。
セット内容

メタルダー本体と、無可動のスプリンガー、交換用手首、日本刀と台座です。
同社の『キングスカッシャー』も所有していますが、台座は全く同じ物でした。


オプションの手首と日本刀です。
オプションパーツ

本体には握り拳がセットされ、開き手と手刀が左右一組ずつ、それと日本刀を握る為の手首が
右手の分だけ付属しています。
後でも説明しますが、メタルダーは基本的に武器を持って戦う事はしません。
この日本刀も、確か本編では使わず、OPで人間体の剣流星(つるぎ りゅうせい)が使った物を
おまけで付属させたのだと思います。


メタルダー本体です。
メタルダー本体

流石に今回は、撮る方向をいつもとは変えました。

ちょっと胴体(腹部)が長いですかね。手足が少し短く感じるので、ヒーロー体型と言うよりも
日本人って感じでしょうか?
それと、太ももの筋肉表現には?って感じる人も多いと思います。

サイズからもフィギュアーツと比較するのは避けられないと思うのですが、黒い関節部が
思いっきり目立ちます。

特に、股関節の黒い球体が目立ちますが、それでも試作段階よりは少し埋まっているので、
違和感は減っています。
これは、試作の画像のままで判断すると勿体無い部分ですね。


顔のアップです。
顔アップ

こうやって見ると、あまり綺麗な塗装でないのは一目瞭然(笑)
墨入れ後の拭き取りが汚いんですかね?
でも、塗り分け自体はなかなか頑張っていると思います。

顔はちょっと細めです。実際のマスクはもっと丸顔なのでちょっと違うのですが、カッコ好く
まとまっているので良いのではないでしょうか?


スプリンガーです。
スプリンガー

無可動のフィギュアで、こちらは割りと丁寧に塗装されています。
価格に反映するからでしょうか、大きさ的にはちょっと小さいですね。

これは非常に迷うおまけですね。無きゃ無いで、やはり寂しい。でも定価が上がるなら・・・。
ただ、単独の販売では絶対に成り立たないでしょうから、やはり付属していて良かったと思います。



ここからは、メタルダー本体についてもう少し詳しく説明します。


まずは肩関節周りから。
肩関節(左)アップ

ここは色々と変わった事をしています。
基本的にはフィギュアーツと似た様な構造で、付け根がボールジョイントになっているので
比較的自由に動きます。
しかも、付け根が引き出し式になっているので、少しだけですが可動範囲の拡大が出来ます。

それとここが一番驚いたのですが、胴体側の黒い部分、ここはソフビの様な柔らかい物が
使われています。
可動範囲の拡大と言うよりも、肩を密着させる為に部分的に違う素材を使っているようです。
下でも説明しますが、ベルト部分にも柔らかい素材が使われていて、面白い試みだと思います。

ここで、関節部全般の保持力を説明しますと、正直あまりありません。
フィギュアーツは、関節パーツを金属の部品を使って締め付ける事によって摩擦力をあげ、
その保持力を上げています。

メタルダーの黒い関節パーツは、その素材のみの摩擦に頼っているので、かなり心もとないです。
ただ、自立する部分に関してはそれほど問題は無いので良いのですが、フィギュアーツと比べると
緩く感じるかも知れません。


胴体を中心に。
胴体アップ

先に腕の可動について補足します。
実は動画でちょっと誤魔化している部分があります。それは腕の横ロールです。

動画では青い右腕で説明したので、割と容易にクルクルと回転していましたが、実は赤い左腕は
ちょっとそういう訳には行きません。

何故かと言うと、腕の断面が楕円上になっていて、固定された肩アーマーと接触するので
簡単には大きく回転させる事が出来ません。
銀色の肩アーマーと腕の隙間が左右で違うのが確認出来ると思いますが、その為です。

但し、腕自体はPVCなので多少の無理は効くので、肩を押さえながら回転させれば不可能では
ありません。又、肩アーマーの接着時の個体差もあるかも知れないので、動画では右腕での
説明としました。
実際には、肩の引き出しも使えるので、それほど不便ではない事を付け加えておきます。


塗装に関して言いますと、メタルダーはそのデザイン上、特に右半身の塗り分けが細かく必要です。
厳密に比較した訳ではないですが、顔同様に丁寧に塗り分けられています。
メタルダーの立体物が出る時には、恐らく一番のハードルとなる部分ですので、これに関しては
ほぼ満足出来るのではないでしょうか。

腹部の可動については、動画でもお見せした様にかなり動きます。ただ、よく見ると腹部と腰で
中心がずれているのが分かりますでしょうか?
向かって左(青い方)の方が隙間が大きくなっています。
う~ん、こういう部分があるので、メガハウスをいまいち信用出来ない人も多いのでは?

それと上でも述べました様に、ベルト部分は腰と違う素材で柔らかくなっています。
可動範囲の拡大の為と言うよりも、硬い物同士が接触する事によって起こる塗装剥げを避けたのでは
ないかと思います。

肩の所と同様に、こういう独自のアイディアには好感が持てますね。


背面です。
背面アップ

取って付けた様な穴はどうかと思いますが、ここに台座との接続用の穴があります。
前述の様に、専用の台座ではないので、角度を色々と変えられるものの、正に
帯に短し襷(たすき)に長し、と思うことが;^^)


お尻。ここは良いですね(^^)
大きなパンツが雰囲気が出ていて良いです。


またまた、腕についてですが、肘関節の形が左右で少し違います。
何故変えているのかハッキリとした理由は思いつかないのですが、その為か関節の露出部分の面積や
保持力が左右で異なります。

基本的には外れない構造になってはいるのですが、右肘の関節のみ時々外れかける事もありました。
頻繁にポロポロと外れるとか、ストレスを感じる事は無いので気にするほどではありません。
でも、もう少し改善して欲しい部分ではあります。


前腕部です。
前腕部(右)アップ

ここも丁寧な塗り分けがされています。
手首の造形もどれも良い感じで気に入っています。


股関節と足首です。
股関節、足首

この2箇所に関してはネジ留めされているので、多少は固さを調整する事は可能です。
但し、締め過ぎると破損の恐れもあるので注意が必要です。
ちなみに、今のところは特に締め直したりはしていません。

又、足首の可動ですが、『S.H.フィギュアーツ ハナ 19歳Ver.』の様に真っ直ぐに軸が
差し込まれているのでは無く、きちんと横に可動出来る様に差し込まれています。
試作画像を見た時に、この足首の関節がどうなっているかが一番気掛かりだったのですが、
全く問題ありませんでした。非常に動かし易い足首になっています。


足底です。
足底

かかとに穴が開いているので、台座のピンに挿す事も可能です。が、まあ使いませんね;^^)
板状の物に3mmのピンが出ている物は時々あるので、そういう物があると使えますね。



さて、ここからは動画で使った物を簡単に説明します。

最初はこれです。
ゴーストバンクシリーズ・ネロス帝国全15体

もちろん、エルモは関係無いです(笑)


又、メタルダーの乗る乗り物の一つ、サイドファントム(青いサイドカー)も動画内で出ていますが、
このゴーストバンク版ではなく、ポピニカの物を使っています。

両方とも所有していますが、ゴーストバンク版だけ箱の中に中身が入っていませんでした(笑)
よく出しっぱなしにしているので、どこかにあるのは確かなんですけどね;^^)


そしてこれが、サイドファントムに乗ってる風の時に使った1/12のバイクです。
サイドファントム風ライディングポーズ

もっとちゃんと乗る事は出来ますが、サイドファントムにはこんな風に乗っていました。
このサイズに合わせたサイドファントムも欲しいですが、かなり高めな物になりそう・・・。


そして、動画で使った画像と同じですが、フィギュアーツのBLACKと。
同年放映のS.H.F.仮面ライダーBLACKと

動画編のコメントで玩具ダイスキーさんが指摘していた様に、メタルダーとBLACKは同年放送で
サイズ比較にもちょうど良かったの並べてみました。

フィギュアーツの中でも大きさに多少のバラつきはありますが、その中でも大き目の物と
一緒だと思ってもらえば良いと思います。
しかし、こうやって並べると、プロポーションの違いがハッキリと出て面白いですね。



最後はいつもの様に色々なポーズを。
なるべく動画とは違う画像を選びましたが、動画に使った画像も厳選した物なので
いくつか混ざっています。


最初はこれで。背景はパッケージの中敷きに使われている物を使いました。
何故この世に生まれたのだ!


動画にもこの画像を使おうと思っていたのですが、私の腕では背景がちょっと光ってしまい、
あまり綺麗に撮れなかったので止めました。
ただ、この後ろに書かれている言葉こそがメタルダーの物語を表していると言っても台詞ですので、
紹介しないのは勿体無いですよね。それと、こういう配慮は嬉しいです。


基本とファイティングポーズです。
メタルダー:1メタルダー:2

手に持つ様な武器は無いので、殆どが握り拳だった覚えがあります。


そして、メインの武器であるレーザーアーム。
メタルダー:3メタルダー:4

主に右腕の前腕部の下が発光し、腕全体を手刀の様にして斬りつけていました。

両腕を使う事もあったので右の様な画像も撮ったのですが、バンザイになったので動画では
使いませんでした(笑)もう少しカッコ好いポーズにすれば良かったですね;^^)


レーザーアームの後とか、こんなポーズも多いです。
メタルダー:5


そして、これ!
メタルダー:6

何と自分の腕を相手に投げつけるのですが、これは凄かった。
当然、ロボットなので予備もあり修理出来るのですが、普通のヒーローでは出来ませんね(笑)
しかも、これ、自分で腕を切った覚えがあるのですが・・・なるべく早くDVDを手に入れたいです。

一応、パッケージ裏にも腕を外した画像は載っていますが、やはり推奨されるものでは
ありませんので、温めながら引っこ抜く感じになります。
(説明書の類は皆無なので;^^)


日本刀は本当におまけですね。
メタルダー:7


こんな風にポーズを決める事は無いキャラですが、可動範囲の確認で取ってみました。
メタルダー:8


片膝立ちと、胡坐も。
メタルダー:9メタルダー:10

片膝立ちは動画内とはちょっと違う感じで。
胡坐は劇場版で確認出来るのですが、これも可動の良さの為に用意しました。


回し蹴り風に。それなりにバランス良く立たせる事が出来ました。これもしませんが;^^)
メタルダー:11


こっちはします!(笑)Gキックです。
メタルダー:12

劇中ではブルーの背景を跳んでいたので、いつもの様にこの壁を背景に撮ってみたら、
あまり面白くない。で、ピントをメタルダーに合わせるので大丈夫だと考え、部屋中を
回してみたら意外と汚い様子が分かったので中止に(笑)
仕方ないので庭の木を背景に撮ったのが、動画に使ったものです。
田舎なので木が多く、人通りも滅多に無いのですが、それでも誰かに見られていないか
ビクビクでした(笑)


一応、付属の台座を使っています。
メタルダー:13

こんな状態でも、あんまり高さのある台座ではないのが分かるかと思います。


最後にスプリンガーと一緒に背面から。
メタルダー:14

動画最後のとは逆の配置で。メタルダーも踏ん張っていますし(笑)



以上、ACTION WORKS TOEI HERO THE LIVE(アクションワークス 東映ヒーロー・ザ・ライブ)の
『01 超人機メタルダー』でした。

『01』と付いているのでシリーズ化されると思うのですが・・・正直高いです。
同じカテゴリーのフィギュアーツと比べても2~2.5倍位の価格なので、かなり高いと
そう感じる方も多いかと思います。

ですから、ちょっと簡単に薦める事は出来ません。

ですが、思い入れがあるなら、もしくはこの状態のデザインが気に入ってしまったなら、
これを買わないのは絶対に後悔します!高いですが;^^)

メタルダーと言う知名度の低いキャラクターな上に、一般的なヒーローのデザインよりも細かい
塗り分けが必要と考えると、ある意味この価格でも仕方ないのかも知れません。
ちょっとだけ余分なオプションもありますしね。


メガハウスの製品は過去にもいくつかロボ系の物を購入していますが、いまいち信用出来ていません。
常に何かしらの欠点があるんですね。でも、常に何かしらの魅力があるのもまた事実。

このメタルダーも欠点は多いです。それこそボロクソに言われる事もあるかも知れません。
関節部も、確実に固さを出せる構造ではないので、フィギュアーツと比べるとかなり緩いと
感じると思います。

でも、私は本当に気に入っています。値段の事は、動かしていたら忘れてしまいました(笑)

と言うのも、幸か不幸か、その緩さが動かし易い、良い方向へと働いているのです。
可動範囲の拡さと相まって、ついガチャガチャと(音はしませんが)いじり続けてしまいます。
重い物を持ったりはしませんし、自立に問題のある緩さではないので、ギリギリ問題無く
遊べるのだと思います。

それを考えると、本当に値段が高めなのが残念で仕方ありません。
オプションの台座と日本刀くらいを減らして、もう少し安い価格でも良かった気がします。


この値段なので、誰にでもお薦めと言う訳には行きませんが、でも、もし迷っているなら、
もし迷っているくらいなら・・・。

私は・・・私は、最初はレビューをするだけのつもりでいました。
メタルダー:15

メーカー:メガハウス
商品名:ACTION WORKS TOEI HERO THE LIVE 01
超人機メタルダー
定価(税込):6,615円
電池:不要
発売:2009年9月30日



スポンサーサイト
  1. 2009/10/16(金) 01:53:41|
  2. メタルダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<愚痴です・・・ | ホーム | 済みません、遅れてます・・・>>

コメント

レビュー編待ってました
やっぱりカッコいいよメタルダー
メタルダー以降は値段を安くするか
値段相応のオプションを付けるなどの対策をとってもらいたいものです
フィギュアの可動範囲はSHFにソックリですね。ただ日本刀しか付いていないからって差込式の握り腕は残念
SHFみたいな握り腕を付けていれば買っていました(ガンプラのビームサーベルやドラクエの武器コレクションが持てるので)スプリンガーも足だけは可動してくれればいい物になったハズなのですが(無可動だとチョコエッグのフィギュアみたいでヤなので)
次のレビューも待ってます
  1. 2009/10/16(金) 14:55:07 |
  2. URL |
  3. 玩具ダイスキー #-
  4. [ 編集 ]

>>玩具ダイスキーさん
メタルダーは、塗り分けのせいで高くなった・・・と思いたいですが、
そもそも次があるのかも心配です。
SHFはやっぱりライダー中心でしょうから、こっちはマイナーな物を
何とか出し続けて欲しいですね。
  1. 2009/10/16(金) 20:52:29 |
  2. URL |
  3. エイジ35 #-
  4. [ 編集 ]

次はトップガンダーが出てほしいです

こちらのレビューにてメタルダーの購入を決めました。
レビューで実物の感想などで、「メタルダーファンなら買わなければ」と
なけなしのお金で無事購入いたしました。


作品に対する思い入れもありますが、実物のフィギュアを童心に帰り、
動かしていました。レビューで敢えて上げた欠点も忘れる程に・・・


このシリーズが次へと続くならば、トップガンダーが良いと思います。
その付属品に「竜夫の形見の短剣」が付属されていれば完璧ですね。
  1. 2009/11/18(水) 11:17:06 |
  2. URL |
  3. 駄人機壱号 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 次はトップガンダーが出てほしいです

>>駄人機壱号さん
レビューを見て購入の参考にしたと言う話をお聞きしますと、
実は内心ビクビクもんです;^^)
私は気に入っているけど、他の人はどう感じるだろう?
そう考えてしまいます。

でも、今回は良かったです(^^)
そうなんですよね。動かしていると、欠点が気にならなくなってきますよね。
DVDを何とか購入出来たので、懐かしく見ながらグリグリと動かしてます。

しかし、メタルダーの次の話がなかなか出て来ないのが不安ですが、
トップガンダーは欲しいですね。メタルダーとの絡み所も多いですし。
もし出るなら、確かに短剣はマストアイテムですね(^^)
  1. 2009/11/18(水) 22:57:43 |
  2. URL |
  3. エイジ35 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nurugan44.blog26.fc2.com/tb.php/157-f5f826cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

戯事 (98)
お知らせ (26)
玩具入手一報 (23)
仮面ライダー (81)
ウィザード (1)
フォーゼ(FOURZE) (5)
オーズ/OOO (13)
W(ダブル) (33)
ディケイド (10)
OCC/WFC/FFR (18)
マスコレ (4)
スーパー戦隊 (58)
トッキュウジャー (1)
ゴーカイジャー (5)
ゴセイジャー (18)
シンケンジャー (31)
旧戦隊 (3)
その他ヒーロー (3)
ウルトラマン (1)
メタルダー (2)
合金もの (8)
超合金系 (8)
アクションフィギュア (30)
S.H.Figuarts (13)
ULTRA-ACT (1)
ロボット魂 (1)
S.I.C.関係 (3)
1/6・300mmサイズ (8)
映画関係 (4)
ゾイド (1)
ソフビ (21)
少年リック (3)
インディーズ系 (5)
その他 (12)
その他玩具 (22)
ゴジラ・ガメラ・他怪獣 (4)
ガンプラ (13)
アッセンブルボーグ (2)
ミニカー (3)
ロボゼロ(ROBO XERO) (3)
threeA (4)
ゲーム (2)
感想など (1)
映画 (1)
バンダイチャンネル (1)
未分類 (0)

同志の方々へのリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

プロフィール

エイジ35

Author:エイジ35
おもちゃ好きな青年と呼ばれていたのはいつの事やら…。ギミック大好きなので浅く広く集めてしまいます。
別名"エルモの人"として玩具中心に動画投稿をしていて、ここではYouTubeでの動画を紹介します。
基本的にニコニコ動画にも同じタイトルで投稿していますので、観やすい方で楽しんで下さい。

買う?レビュー?予定かも

★ライダー関係
★S.H.フィギュアーツ
★ULTRA-ACT
★S.H.モンスターアーツ

★戦隊関係
烈車戦隊トッキュウジャー
出発進行!烈車合体DXトッキュウオー&変身ブレス トッキュウチェンジャーセット
烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー
変身ブレス トッキュウチェンジャー
回転銃剣 トッキュウブラスター
特急乗車パス トッキュウバックル
乗り換えチェンジシリーズ トッキュウ1号

★スーパーロボット超合金
★他合金関係
★ロボット魂
★その他

探しものは何ですか?

いつもお世話になっています



あみあみ楽天

プレミアム バンダイ(魂WEB)

☆変身ベルト用延長ベルト
DXシリーズ用

レジェンドライダーシリーズ用


☆ウィザードリングパーツセット
<Lサイズ> リングパーツ4個入り

<LLサイズ> リングパーツ4個入り


<Lサイズ> リングパーツ16個入り

<LLサイズ> リングパーツ16個入り


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
プレミアムバンダイ
ボーイズトイパーク

プレミアム バンダイ

メーカー系リンク

インスパイア:TOPページへ
魂ウェブ
バンダイ ボーイズトイパーク
(株)ジーマ

RSSリンクの表示

My Yahoo!に追加

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト

サーバー・レンタルサーバー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。