ぬる~い玩具道

模型、ゲーム、RC、おもちゃ全般なんでもござれ!浅く、ぬる~く楽しみましょう(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/48 ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイベース(雑誌付録)

1/48 ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイベース

ちょっとだけまたガンプラ(と言っても良いですよね?)です。


現在発売中の「電撃ホビーマガジン 2010年1月号」の付録として、
『RX-0 ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイベース』の組み立てキットが付いています。
今回は、ココでは初めて、個人的にもかなり久々に完成させたキットを紹介します(笑)

知っている方も多いとは思いますが、ユニコーンガンダムは元々小説「機動戦士ガンダムUC 」の
主役メカです。
最初のガンプラは、昨年の春に単行本の1巻が発売された時に、MG(マスターグレード)として
ユニコーンガンダムが発売されています。
私も買ってはいるのですが、組みかけてストップしたままで;^^)

私好みのあるギミック故、何とか完成させたいとずっと思っているのですが、
動画を作り始めてからはなかなかプラモデルにまでは手が出せなくなってしまいました。

それが今回は、雑誌の付録と言う事でそんなにボリュームは無いだろうと、思い切って
完成させてみました。
「電撃ホビーマガジン」はよくキットを付録にするのですが、その中でも初めて完成させた、
完成させたいと思えるキットになりました(^^)


まずはその「電撃ホビーマガジン 2010年1月号」です。
電撃ホビーマガジン 2010年1月号&付録

いつもの様に、雑誌と同じ大きさのダンボールの箱にキットが入っています。
最初は完成させるか分からなかったので、ランナー状態は撮影していませんでした。
白の成型色が2枚、クリアレッドの成型色のランナーが1枚だったと思います。

と、言う事で、


いきなりですが、完成した状態がこれです。
完成状態

とりあえず、極簡単な事はしていますが、詳しくは後ほど。


「ヘッドディスプレイベース」と言う名前の様に、一本角が特徴的なユニコーンガンダムの
頭がメインのバストアップモデルで、背中からは小スケールのガンプラ(HGUC)等のスタンド
としても使える様な支柱が付属しています。

取り外しや角度の変更も可能になっており、どうせ飾るならHGUCユニコーンと飾るのが
良いのでしょう。


大きさ比較で、マスクコレクションのキバと。
ユニコーン & キバ(マスコレ)

マスクコレクションは大体1/6スケールで、台座に飾った状態で7cm前後の高さです。


背中の支柱を外して3方向から。
ユニコーンモード

ユニコーンと言うと、額に角が生えた真っ白な馬、一角獣とも呼ばれる伝説の生き物です。

一本角で、ツインアイも無い、真っ白な顔。
これがユニコーンガンダムです。

でも、これがガンダム?

普通にガンダムと言うと、最低2本のアンテナ、額に緑のカメラ、2つの目、赤いアゴ、
そんなところが記号として思い浮かべられるのではないでしょうか?

とすると、このユニコーンガンダム、全くガンダムらしい部分が見当たりません。
真っ白ですし。(設定では首の辺りはガンメタ等ですが、それほど違和感無いので塗装していません)


実は、このユニコーンガンダムには非常に珍しい特徴があり、それが私の好むギミックでもあります。
MGでもそのギミックは再現されていましたが、もちろん、このキットでも完全再現されています。
(とりあえず、全く知らない人に向けて説明しているので、気にしないで下さい;^^)

それは・・・


この、デストロイモードです。
デストロイモード

正にガンダム。
見事に記号としてのガンダムを表現しています。

今回、この付録にはデストロイモードの顔もセットされている・・・わけではありません。
1体分のキットがあるだけです。

じゃあ、2冊買って2種類組み立てたのか?

もちろん、それも違います。


では、何故、違う頭があるのか?


それは、変形、いや、変身するんです。


一本角のユニコーンモードから、正統派ガンダム顔のデストロイモードへと変身し、本キットでも
付け替えは必要ですが余剰無しに再現されています。

MG等では、全身に渡って正に変身します。とりあえず今回のキットは顔部分だけの変身ですが、
その様子は後ほど。


もったいぶりますが、後頭部なんかも比較して、どんな風に変身するのか想像してみてください。
ユニコーン & デストロイ のバックショット



さて、本題に入る前に、最近(と言ってもかなり前ですが;^^)私がガンプラ等を作る時に
する作業を説明します。
まあ、いわゆるパチ組みなんですが、色々と解釈はあるみたいなので違っていたら済みません。
かなりお手軽だと思いますが、とにかく積まれたままのキットよりは、ちゃんと組んだ方が
良いですよね(^^)


当然、今回の付録でも同じ事をしました。
今回の塗装関係に使った一式です。
今回使用した色々

ガンダムマーカーとスミ入れ用、それと消しペン。
いつもはビンに入った塗料も筆塗りで使いますが、今回はこれで足りたのでガンダムマーカーで
全て済ませました。
(本当は筆塗りするつもりだったのですが、ビンのフタがどうしても開かなくなっていて;^^)

ハンドピースはいつか欲しいとずっと思っていますが、高くてなかなか買う機会がありません。
スプレー缶は、下手糞なので余程の事が無い限り使いません。

但し、トップコートは別です。
トップコートは、その存在意義が全く不明でしたが、数年前にその使い方を初めて知りました。

トップコートを使うと、成型色のままでもかなり好い感じに仕上がり、筆塗りでムラがあっても
多少の事なら誤魔化してくれるのです。

この使い方を知ってから、私の中では全塗装は必要無くなりましたし、筆塗りでも何とかなると
確証が持てました。

継ぎ目消しや、表面処理なんかも全くしていません。

私がやっているのは、

1.ニッパーでゲートを少し残してランナーから切る。
2.ゲートを普通のカッターナイフで削って、綺麗に表面と合わせる。
3.必要な箇所にのみ、筆塗り、又はガンダムマーカーで塗装。
4.ガンダムマーカースミ入れ用でスミ入れ、基本は指(笑)で拭き取り。
5.ステッカーを貼る。
6.トップコート(半光沢が主)を吹く。
7.組み立て。

以上、非常にお粗末なやり方ですが、この方法にしてからはあれよあれよと積みプラが無くなり、
仕舞いにはMGに飢えて旧作まで買い漁ったり、コトブキヤのアーマードコア、ゾイド、スパロボ関係も
かなり完成までさせてしまいました。
今は、動画を作る事がほぼ同じ様な労力と楽しみになっているので、かなりご無沙汰になりましたが。


後は、タミヤのマスキングテープと、100均で買ったメタリックテープです。
これらの使い方は、今回は電撃ホビーマガジンでの使用方法を参考にしています。


それでは、実際に組んでみての感想と注意点の様な事を。

メタリックテープを使った部分です。
B-3A-5 & A-14

左は、目、鼻の部分で、元はクリアレッドのパーツです。
目は発光させるならクリアグリーン等で塗装しますが、そこまではしないのでメタリックテープを
切って貼っています。

やり方は雑誌に記載されたままの方法で、マスキングテープを貼って型紙を作り、それに合わせて
メタリックテープを切っただけです。
型紙を作っても、何だかんだで左右で大きさや形が微妙に変わってしまうので、それを調整するのが
一番苦労した点ですね。


黒い部分はガンダムマーカーで塗って、はみ出た部分は消しペン(こっちは指では無理(笑))を
少し付けてティッシュで拭き取っています。

目の上の部分はクリアのまま残していますが、ここも黒く塗っても良いかも知れません。
最初は、ユニコーンモードの時にマスクの隙間から見える部分かと思って塗りませんでしたが、
どちらかと言うと鼻の部分の方が見えています。はみ出しは、あまり気にしなくても良いかも
知れません。

拡大した画像を見ると、結構適当なのが分かりますでしょうか?
1/48と言うビッグスケールですが、どちらかと言うと影になる部分ですので、この程度でも
意外と気にはならないもんです。


右の2つは塗装指示等、雑誌に説明されていなかった部分です。
組んでみてから、あれ?と思ったので一応。
「A-5」と「A-14」で、額と後頭部のカメラの部分です。これも目と同様なやり方で
メタリックテープを切って貼りました。


アンテナ部分です。
A-16 & A-17A-17 + A-1

デストロイモードの時に見える部分を、ゴールドで塗りました。
スミ入れはブランでしています。
ちなみに、マスキング等はしていません。


右の画像は、左のアンテナ「A-17」と間に挟む「A-1」のパーツを組み立てた状態で、
実はこの2つを接着しました。
接着をしなくても最初は良かったのですが、先ほどの額のカメラ部分の色が足りない事に
気付いて分解して再度組み立てると、「A-1」のパーツが変形時にくるくると回転する様に
なってしまいました。
私は、この部分はどちらか一方に固定しても構わないパーツだと思えましたので、接着固定に
しました。


その他、白い部分にあるモールド等は、全てグレーでスミ入れ、指で拭き取っています(笑)


以上が、いつも私がやっている作業です。
もし、今後もガンプラ等をレビュー出来る事がありましたら、大体こんな感じの仕上げになります。

年末辺りにPGのダブルオーライザー、行ける?と良いのですが・・・;^^)



こうして出来上がったのが、ユニコーンモードです。
ユニコーンモード:1

ユニコーンモード:2


そして、デストロイモード。
デストロイモード:1

デストロイモード:2


最後に、初めてGIFアニメに挑戦してみました(笑)
ユニコーンガンダム 完全変身!


変身は、両頬とアンテナの基部先端を一旦外す必要はありますが、それでもなかなか楽しいです。
但し、両頬のパーツは中のクリアパーツとピッタリと合う様になっていますので、
付け直す時に少し調整が必要になります。
力任せに合わせずに、どこが嵌まるのかを確認しながらセットしてみて下さい。



以上で本当に終わりですが、これももっと簡単に終わると思ってやったのですが・・・
意外と時間が掛かってしまいました;^^)

色々他にも遅れているのはありますが、どうか気長にお待ち下さいませ、です(^^)

デストロイモード:3


※今回紹介したアイテムは非売品(雑誌の付録)で、単体での発売ではありません。
下記雑誌を購入して下さい。

メーカー:アスキー・メディアワークス
商品名:電撃ホビーマガジン 2010年1月号
定価(税込):1,290円
電池:不要
発売:2009年11月25日

いつの間にかこんなにも商品が・・・やはりアニメ化の影響は大きいですね。




スポンサーサイト
  1. 2009/12/04(金) 01:27:56|
  2. ガンプラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<師走です・・・ | ホーム | GNドライヴユニット PG 1/60 00ライザー>>

コメント

ユニコーンの顔ってそういう風に変形するんですねー
アニメ化した際に映像栄えしそうなギミック・・・楽しみ。
  1. 2009/12/04(金) 08:30:20 |
  2. URL |
  3. LeafAD #wRteTx1E
  4. [ 編集 ]

来月号にこのディスプレイ用シールが付くとか。
  1. 2009/12/04(金) 08:51:40 |
  2. URL |
  3. 灯竜 #-
  4. [ 編集 ]

私もキット製作は素組み、部分塗装、トップコートで済ましています。トップコートはプラキットは勿論のこと完成品トイにも塗装面の保護などにとても有効なのでオススメです。以前DXカブトゼクターを目の高さぐらいから落としてしまった時にトップコートの厚い塗膜が剥がれたのみで本体のメタリックレッド塗装に傷一つ付かなかったのにはマジ感動しました。難点はPVC素材がトップコートの塗膜を溶かしてしまうことで、PVCパーツ含有フィギュアはその部分だけマスキング処理が必要ですし、複数の素材が入り組んだROBOT魂なんかは最初から諦めるしかありません。てゆーかROBOT魂が駄目なのでHGガンプラを買って“組立式アクションフィギュア”として代用してるのが実状です。まあROBOT魂はGNソードⅢをWeb限定にするなど商売のやり方が汚すぎるのも嫌いな理由の一つですがね。かく言う私はたった今もAmazonで買った斬撃勘定刀にトップコートを噴いておるところであります。
  1. 2009/12/04(金) 21:25:11 |
  2. URL |
  3. 爺愛情 #-
  4. [ 編集 ]

もう何回目なんだろう・・・・
改名しました
タイトルも変えましたのでお手数ですが・・・・・

よろしくお願いします
  1. 2009/12/04(金) 22:31:12 |
  2. URL |
  3. 913EXおよび影王 #-
  4. [ 編集 ]

>>LeafADさん
MG持っていても実際には組んでいないので、今回ので
私もやっと確認出来ました(笑)
アニメでどんな風に表現されるか気になりますね。

>>灯竜さん
初めまして、で良いですよね?間違っていたら済みません。

シール、来月号に付きますね!てか、今確認して気付きました;^^)
製作ガイドの記事の一番下に赤字で大きく書いているのに・・・
PGの00ライザーの製作ガイドDVDも付くみたいなので、楽しみです。

>>爺愛情さん
玩具にもトップコートが使えるんですね。
それは試した事がありませんでした。PVCには駄目と言う情報も
有り難いです。

>>913EXおよび影王さん
これからは影王さんで良いんですよね?
直しておきますね。
  1. 2009/12/04(金) 23:59:46 |
  2. URL |
  3. エイジ35 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nurugan44.blog26.fc2.com/tb.php/185-f302f46d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

戯事 (98)
お知らせ (26)
玩具入手一報 (23)
仮面ライダー (81)
ウィザード (1)
フォーゼ(FOURZE) (5)
オーズ/OOO (13)
W(ダブル) (33)
ディケイド (10)
OCC/WFC/FFR (18)
マスコレ (4)
スーパー戦隊 (58)
トッキュウジャー (1)
ゴーカイジャー (5)
ゴセイジャー (18)
シンケンジャー (31)
旧戦隊 (3)
その他ヒーロー (3)
ウルトラマン (1)
メタルダー (2)
合金もの (8)
超合金系 (8)
アクションフィギュア (30)
S.H.Figuarts (13)
ULTRA-ACT (1)
ロボット魂 (1)
S.I.C.関係 (3)
1/6・300mmサイズ (8)
映画関係 (4)
ゾイド (1)
ソフビ (21)
少年リック (3)
インディーズ系 (5)
その他 (12)
その他玩具 (22)
ゴジラ・ガメラ・他怪獣 (4)
ガンプラ (13)
アッセンブルボーグ (2)
ミニカー (3)
ロボゼロ(ROBO XERO) (3)
threeA (4)
ゲーム (2)
感想など (1)
映画 (1)
バンダイチャンネル (1)
未分類 (0)

同志の方々へのリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

プロフィール

エイジ35

Author:エイジ35
おもちゃ好きな青年と呼ばれていたのはいつの事やら…。ギミック大好きなので浅く広く集めてしまいます。
別名"エルモの人"として玩具中心に動画投稿をしていて、ここではYouTubeでの動画を紹介します。
基本的にニコニコ動画にも同じタイトルで投稿していますので、観やすい方で楽しんで下さい。

買う?レビュー?予定かも

★ライダー関係
★S.H.フィギュアーツ
★ULTRA-ACT
★S.H.モンスターアーツ

★戦隊関係
烈車戦隊トッキュウジャー
出発進行!烈車合体DXトッキュウオー&変身ブレス トッキュウチェンジャーセット
烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー
変身ブレス トッキュウチェンジャー
回転銃剣 トッキュウブラスター
特急乗車パス トッキュウバックル
乗り換えチェンジシリーズ トッキュウ1号

★スーパーロボット超合金
★他合金関係
★ロボット魂
★その他

探しものは何ですか?

いつもお世話になっています



あみあみ楽天

プレミアム バンダイ(魂WEB)

☆変身ベルト用延長ベルト
DXシリーズ用

レジェンドライダーシリーズ用


☆ウィザードリングパーツセット
<Lサイズ> リングパーツ4個入り

<LLサイズ> リングパーツ4個入り


<Lサイズ> リングパーツ16個入り

<LLサイズ> リングパーツ16個入り


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
プレミアムバンダイ
ボーイズトイパーク

プレミアム バンダイ

メーカー系リンク

インスパイア:TOPページへ
魂ウェブ
バンダイ ボーイズトイパーク
(株)ジーマ

RSSリンクの表示

My Yahoo!に追加

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト

サーバー・レンタルサーバー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。