ぬる~い玩具道

模型、ゲーム、RC、おもちゃ全般なんでもござれ!浅く、ぬる~く楽しみましょう(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RAH(REAL ACTION HEROES/リアルアクションヒーローズ)とは・・・

RAH(REAL ACTION HEROES/リアルアクションヒーローズ)

RAH、まずは前回の『ブルース・リー』で、大体どの様な物か分かっていただけたでしょうか?
今回は、基本、注意点、その他前振り等でやたら長い内容ですが、続きからどうぞ(^^)

・・・なのですが、トップ画像についての過大な期待はしないで下さいね;^^)


さて、このメディコム・トイ製のRAH(リアルアクションヒーローズ)の説明・・・
に行く前に、その成り立ちなんかを説明したいと思います。

一応、出来るだけは調べたつもりですが、うろ覚えの部分も多々ありますので、
もし間違っっている事がありましたら遠慮なく指摘して下さい。



それではまず、あまり詳しくない部分から始めますが、まずは『G.I.JOE(ジー・アイ・ジョー)』
と言うアメリカのハズブロ社のアクションフィギュアから。

全ての始まりは多分これからだと思いますが、大きさが12インチ(約30cm前後、1/6スケール)で
全身21ヶ所が可動する、布製の兵隊の衣装を着たアクションフィギュアです。
これが1960年代辺りで、今年公開された同名の映画の祖先でもあります。

日本でもタカラ(現タカラトミー)がニューG.Iジョーとして発売し、ある意味RAHの元祖と言っても
良いかも知れない『正義の味方シリーズ』の素体としても使われました。

『正義の味方シリーズ』は1971年に発売され、セブン、新マン、各隊員、ミラーマン等の
特撮やアニメのヒーローのアクションフィギュアです。
もちろん子供向けですのでそれほどリアルではありませんが、布製の衣装はなかなか豪華でした。
着せ替え式ではないのは、今のRAHと同様ですね。

ただ、素体込みの値段になるので、ヒーローをたくさん集めるには子供にとって大変です。


そこで、なのかどうかは分かりませんが、翌1972年に『変身サイボーグ1号』が登場しました。
基本的にニューG.Iジョー同じ構造ですが、ボディは人間の肌色ではなく、全身クリアのボディで、
胸と頭部にメカを内臓したアクションフィギュアです。

そして、『正義の味方シリーズ』同様に素体込みでの発売もありましたが、「変身」の名前の通り、
今度は着せ替え用のスーツの発売がメインでもありました。
もちろん、サイボーグらしく手足に武器等の装着もありますが、それはまたいつか(^^)


これがその着せ替え用スーツのブリスターの台紙です。
変身サイボーグ①変身サイボーグ②

スーツに関しては、残念ながら当時買ってもらった物は全く残っていません。
素体でもあるサイボーグ1号や少年サイボーグ、サイボーグジャガー等は当時のまま
残っているのですが・・・。

布製の『正義の味方シリーズ』と違って、基本がビニールのスーツなので、可動部等が
破れ易く、未開封の物でもない限り綺麗な状態な物はなかなか無いと思います。

上の台紙が残っているのも、そこそこの年齢の時にアンティークトイショップで新品の物を
購入した物です。


とりあえず手持ちの一部です。
変身サイボーグ③

今はRAHがありますが、当時の物もなかなか味があって良いですよ(^^)

布製のDX版も一部あったりして、全39種が1974年頃まで発売されたそうです。
シリーズとしてはまだ続きますが、ここではここまでにしておきます。


そして、それから10年経った1984年に再びタカラから『コンバットジョー』と名前とボディを
変更して、このサイズのアクションフィギュアが発売されました。

これまた名前の通り、米軍等の兵士が主ではあったのですが、実は子供向けではありませんでした。
当時のホビージャパンでも紹介されていましたし、当時子供であった人が10年経って欲しくなる、
こんな物も発売されました。


それは、ゴジラの着ぐるみを再現したソフビ製のスーツ・・・
コスチュームゴジラ(着ぐるみタイプ)DX

なんですが、済みません。今はこれしか探せませんでした;^^)

本当はきちんとゴジラのスーツや、はちまきを付けた日本人顔の素体も残っているはずなのですが・・・
その為、画像の素体は微妙に違う物で、後で紹介する『ニューコンバットジョー』で代用しています。


正確には、『コスチュームゴジラ(着ぐるみタイプ)DX』と言い、モスゴジ版と総進撃版の
ゴジラの頭が付いています。
着ぐるみだけのST版も発売され、そちらは確かモスゴジ版の頭だけが付属していたと思います。

実はこの時に、『宇宙の戦士(ロバート・A・ハインラインの小説)』のパワードスーツ
(当然、スタジオぬえ版)も企画されていたのですが、結局発売には至りませんでした。
これは今でも本当に残念!
まあ、もし発売されてもかなり高額になりそうな内容でしたが。
ちなみに、ハインラインは面白い作品が多いので、SF好きなら読んでおいても良いと思います。
(私は、『宇宙の戦士』がベストではないと思いますけど)


そんな感じで、本家タカラからはこのゴジラだけで終わってしまったのですが、何と他社から
このコンバットジョーの為のスーツ(?)が発売されました。

これまた今は亡きNITTO(日東、模型メーカー)が、自社で展開していた『S.F.3.D オリジナル』の中から、
『1/6 S.A.F.S(スーパーA.F.S)』として1985年4月頃に発売しました。
組み立てや塗装が必要なソフビ製でしたが、当時の私は結局買えませんでした。
『S.F.3.D オリジナル』は、とりあえずここでは簡単に説明しますと、当時ホビージャパン誌で
連載されていて、今は『マシーネンクリーガー(Ma.K.)』としてモデルグラフィックス誌で
復活しています。

他に妖怪の百目も出ていましたが、何でこういうチョイスだったのかは不明です(笑)
こっちも欲しかったですけど;^^)


大手メーカーから出たのはこれで終わりです。しかし、それから2年後の1987年にイヌクマと言う
何だか聞きなれないメーカーから出たのが、

『1/6人形用着替「快傑ズバット」』です。
イヌクマ・怪傑ズバット

ジャージ記事のスーツ他一式で、初版・限定400体が発売されました。
ベルト部分がゴムひものままという、ちょっと情けない仕様ですが、それ以外はかなり出来が良いと
思います。(その証拠として、後のRAHのNo.7でスーツ等を変更してDX版として発売されています。)

イヌクマは、埼玉に今もある普通のショップですが、「怪獣ブースカ」のソフビを販売しているので、
知っている方もいるかも知れません。
しかし、このイヌクマに対してはちょっと嫌な思い出が・・・。


この画像は、『スバット』購入時に入っていた、発売予定の試作品の写真をスキャンしたものです。
イヌクマで発売予定だったもの・・・

ズバットは、スーツの生地が変わってベルトも金メッキになっていますね。
そして仮面ライダーとハカイダー。

今の目で見ると見劣りしますが、こういう商品が出る事を望んでいたので、当時としてはやっと
夢が実現するのか、という思いでした。

実際、確かハカイダーか、ズバットのDX版、昔の事なのでどちらか忘れてしまいましたが、
次作の注文を受け付けていたのでお金(7~9,000円くらい)を送っているのですが、
結局そのまま音沙汰無し・・・。

1年後くらいに引っ越してしまったので、どうなったかは不明ですし、今更どうしようもないですが、
その後イヌクマから直接発売された事実は、私の知る限りありません。夢は実現しませんでしたね。


その後は、再びタカラからコンバットジョーを素体にした『バットマン(ティムバートン版)』が、
アクションフィギュアとして発売されました。これは今も残っているのですが、スーツがかなり
劣化して酷い事になっているので、今回は写真は見送りです(笑)

これが1989年の事なのですが、この同じ年(多分。確実な資料は探せませんでした)に、ある意味
かなり画期的な物が、あるメーカーから発売されました。
そのメーカーは、

TIME HOUSE(タイムハウス)。

商品は『HI・PURE・SERIES』と言い、仮面ライダー等の約1/6サイズの"フィギュア"です。
タイムハウス(TIME HOUSE)

左から、旧2号、旧1号、V3です。
(旧1号のみ中身を替えているので背が高くなっていますが、詳しくは後ほど)

タイムハウスは、今もHPが残っていますし、現在もメディコム製品の一部にその名前を見る事が
あります。但し、メディコムが登場するのはかなり後ですし、当時は模型誌のホビージャパンに
白黒の小さな広告を出している程度でした。

何が画期的かと言うと、プラやソフビで一体化されたフィギュアでは無く、布製のスーツを
"着ている"と言う事。

当然、ブーツや手袋は別パーツになっていて、それはつまり、無可動フィギュアでありながら、
変身サイボーグとほぼ同じ様な構造になっていると言う事です。

造型的には今の目で見ると結構キツイものがあります。
しかし、目のクリア化(透明ソフビを利用した二重構造)や額のOシグナルのクリアパーツ、
金属部品の触覚、ベルトの再現など、魅力的な部分は多く、なによりも1/6サイズである事が(^^)


中にはソフビ製の素体が入っているのですが、無可動と言ってもそれなりに考えられていて・・・
仮面ライダーV3(ブイスリー)バロム1(ワン)

左のV3の肘が少し曲がっているのが分かりますでしょうか?

実は、最初は右にある黒いソフビの素体にスーツ等を着せた状態でセットされています。
そして、バラバラになった予備の素体もセットされているのですが、そちらは肘部分が
ボール状になっているので少しだけ曲げる事が出来る様になっています。
他に足首も別パーツになっているのですが、脚が動かないので殆ど意味は無いです;^^)

で、商品形態からして素体2組で着せ替え前提になっているので、当然の様に・・・


他の1/6のアクションフィギュアの素体に着せてみました(^^)
仮面ライダー旧1号

今は現役のオビツ製のボディに着せていますが、当時は変身サイボーグやコンバットジョーに
着せていました。

ですが、タイムハウスの素体は若干小さめで、結局可動化したのは旧1号だけです。
ブーツはかなりキツキツですし、合皮製のスーツも少し伸びているかも;^^)


それでは、ちょっと素体の比較をしてみます。
初期のメディコム・トイ

一番左が、変身セットを着たままで申し訳ないのですが変身サイボーグ。
真ん中が"ニュー"コンバットジョーで、右がタイムハウスのソフビ素体です。

こうやって見ると、背の高さの違いは脚の長さの違いでもある事が分かりますね。

ちなみにニューコンバットジョーは、単品で一般販売されていた訳ではありません。
これは何かと言うと、実は最初期のメディコムの素体用にタカラが作った物です。

当時のタイムハウスは、ライダー以外にも怪人や戦闘員も多く出しており、ゴジラも出していました。
いつまで続いていたかは分かりませんが、1995年に遂に今のメディコム・トイが誕生します。

一番最初は、スタローンのジャッジドレッド、次がアニメ版デビルマン(これは持っているのでいつか)。
そして、仮面ライダー新1号、旧1号へと続き、この仮面ライダーが、実はタイムハウス時の物を
(そのままかは不明ですが)使っています。

商品の構成やパッケージも、デビルマン等の新規の物と、ライダー関係とでは異なっていました。
デビルマン等は最初からニューコンバットジョーにスーツを着せ、箱も細長い物。
ライダー関係やタイムハウス色が強い物は無可動ソフビにスーツを着せ、ニューコンバットジョーは
未組み立てのバラバラになった状態でセットされていました。


ニューコンバットジョーの可動はこんな感じになります。
ニューコンバットジョー

基本的に単純な作りになっていて、まだまだ二重関節等が採用されていない頃です。

と言うのも、コンバットジョーは変身サイボーグを元にし、ニューコンバットジョーは
変身サイボーグの後継であったアンドロイドAを元にしているからです。

股関節の保持力は上がっていますが、基本的に古い考えのままなので、可動範囲は限られますし、
脚の横ロールが無いのも辛いところです。

ちなみに、単純故に丈夫な素体と思われがちですが、実は股関節に関しては
内部で破損している事があるので、注意が必要です。
但しその単純さが功を奏し、保持力が弱くなる程度で自立不可能にはなかなかならない
と言う不思議;^^)
それと、この頃の物はスーツを脱がす事が容易な物が多いので、修理等は比較的容易です。


そして、長く続いてきたRAHも、流石に古い素体のままでは問題があると感じたのか、完全に
新規の素体RAH300が作られました。その後も色々と改良され、現在はRAH301改になっていますが、
基本的な構造は大きくは変わっていません。


その素体の一例として前回紹介したのがブルース・リーです。
現在のメディコム・トイ

流石にどれから素体が変わったとかを詳しく知りませんが、かなり長い間使われている素体です。

ブルース・リーは、細部が専用の物になっていますが基本は変わりません。
大きさを比較すると、長過ぎた脚の長さが変更されているのが分かると思います。


参考までに、左がRAH、右が変身サイボーグの『ロボット刑事K』ですが・・・
ロボット刑事K(ケイ)

ニューコンバットジョーの素体のままでは脚が長くてスーツの模様のバランスもおかしかったので、
脛を1cm以上切った覚えがあります。

全体的な出来は良いのですが、Kの顔は今でも変身サイボーグ版の方が好きだったりします;^^)
ここら辺は、DX版で出し直して欲しいですね。



さて、ここからはRAH301改(ブルース・リー)を使って、素体の可動部についての
説明をしたいと思います。

最近のRAH、特に仮面ライダー関係は、スーツを脱がす事が基本的に不可能になっています。
以前は、実際のスーツと同様に、背中や前にファスナーがあったのですが、最近の物は
ファスナーを廃し、見栄えを重視しているようです。

その為、今は中の素体の構造を確認するのが難しくなっています。
特に、肩の関節の構造は複雑で、知らずにいじっていると負荷が掛かり、最悪破損の恐れも。

仮面ライダーの、特に1号の変身ポーズを再現する為に作られたような肩の関節は、
狭い部分にいくつもの可動部があるので、正直、頑丈な作りではありません。

もし、最近のRAHの購入を考えているのならば、服を脱がす事が可能なキャラを1体持っておくか、
これから説明する関節部の構造を思い出しながら動かす様にして下さい。


それでは、上から説明します。
まずは頭部から。(GIFアニメーション使用)
首関節

頭部は単純ですね。
首と頭は別のパーツになった二重関節なので、自由度は高いです。
但し、あくまで基本的な構造なので、他のキャラでも同様な可動範囲が確保されているとは
限りません。

他の関節部分も同様ですが、可動部の構造の参考としてお考え下さい。


肩の前後可動部です。(GIFアニメーション使用)
肩スイング・前後A肩スイング・前後B

前後の可動部に関しては、それほど注意する部分では無いと思います。
一度構造を知っておけば、スーツを着た状態でも分かりやすい部分ですので。
但し、ものによって動きの硬さが違うので、無理はしない方が良いと思います。
他の部分に負荷が掛かり、破損する恐れも。


肩の上下可動部です。(GIFアニメーション使用)
肩スイング・上下A肩スイング・上下B

2つの可動部があるのが分かりますでしょうか?

一つは腕の部分。これはごく普通にある関節ですね。
もう一つは胴体側にあります。これらを組み合わせる事によって、肩の位置も変化しますし、
腕を胸の前でクロスする様なポーズも基本的には可能です。

但し、可動部が複数ある為にパーツの形状も小さく、破損し易い部分でもあります。

特に、最近のスーツを脱がす事が不可能なタイプの場合には、どの様な状態になっていて、
どこまで動かす事が出来るか、が分かり難くなっています。
例えば、腕を真横に水平に上げようとした時、腕側か、胴体側か、それとも両方が
均等に動いているのか、確認は容易ではありません。
その為、どこかの可動部が限界以上に動いてしまい、破損につながる場合もあるので
特に扱いに気を付ける必要がある部分です。


肩は怒り肩やなで肩にする事ができ、肘は二重関節になっています。
怒り肩となで肩肘の二重関節

一応、ブルース・リー専用の筋肉表現がされた腕ですが、他も同様で大体このくらいまで
曲げる事が可能です


腹部の関節です。
腹部

ほぼ見たままの可動ですが、胸の下で前後左右に倒す事が出来ます。
腰部分は回転のみです。


股関節です。
股関節

お尻部分が一緒に可動するようになっています。
可動範囲等に問題は無く、様々なポーズが取れる様になっていますが、
ここも可動部が集中している部分です。


足首です。
足首

足首も可動部が多いので、接地性は良好です。
つま先も可動しますが、裸足のキャラは殆どいないので、あまり意味は・・・;^^)

又、身長差を表現する為に、スペーサーが間に入っている場合もあります。
膝から下だけが長くなる訳ですが、量産品である以上、これは仕方ない部分ですね。


片膝立ちは、割と余裕で出来ます。
片膝立ち


ハイキックも。
ハイキック

但し、ブルース・リー仕様で腰が少しえぐれているみたいなので、普通はもう少し下になると思います。



以上、ブルース・リーを使って可動部等の説明をしてきましたが、実際にはこの素体に
服等を着せる事になります。そうすると、当然、色々と制限が出てくるので、大幅に
可動範囲が狭くなる事は覚悟しておく必要があります。

それは、このRAHに限った事では無く、素体に服やスーツを着せるアクションフィギュア全般に
言える事で、各メーカー、それぞれに色々と素体を工夫したりしていますが、かなり難しい部分だと
思います。

何故なら、素体は1/6に出来ても、素材を1/6にする事は出来ないからです。
それに、人間は自分で服を着たり、その位置を調整する事が出来ますが、人形は自分では
出来ませんから;^^)

だから、素体に合わせてピチピチの服を作ってしまうとかなり動かし辛い状態になりますし、
余裕を持ったゆったりした服にしてしまうと、イメージとは異なる場合もあります。
その為、イメージ優先が殆どなので、劇中で出来る様なポーズが出来ない場合もあります。

リアル・アクション・ヒーローズと言っても、リアルにアクションをする訳では無く、
リアルな物がアクションも出来る、と考えた方が良いと思います。


そう考えると、特に最近の物は非常に出来が良く、劇中とほぼ同じ構成のスーツになっており、
正に目の前にリアルなミニチュアがある事を実感出来ます。
仮面ライダー


但し!このメディコムのRAHは良い点ばかりではありません。

関節部の説明でも注意点として少し上げましたが、少々複雑な可動部である為か、
構造を知らないで動かすと破損のリスクが高くなります。
又、その構造を知っていても、破損してしまう事もあります。

それは、経年による劣化の為もあるとは思うのですが・・・。

経年劣化は、万物に不変な物は無いので当然の事なのですが、どうひいき目に考えても
RAHでの劣化はちょっと多いのではないでしょうか?

経年劣化は合皮製のスーツ等、昔の物はかなり酷い物もありました。が、最近の物は
とりあえず大丈夫な様なので、それほど気にしなくても良いと思います。
但し、膝や肘を曲げたままで飾って、スーツ同士が長く接触していると、くっ付いてしまう物も
あります。その点では注意が必要です。

それよりも問題なのが、肝心要の素体です。

各可動部で破損する事があるのですが、特に最近のスーツを脱がせられないものでは、
自分で修理する事が非常に難しいので困りものです。

原因としては、

・素体に使われている素材のABSが非常に硬く粘りが無い
・関節保持力アップの為に、可動部が硬めに調整されている
・複雑な構造の可動部

等があると思われます。

日々、改良はされている様ですが、ハッキリと大丈夫とは・・・。

ちなみに、今までに40体近く所有していますが、構造を知った上で肩を動かして破損したのが
2体、手首のジョイント部がいつの間にか破損していたのも2体、立たせて飾っていただけの物が
股関節が破損して倒れていたのが1体あります。
そして、実は今回のブルース・リーも、撮影時に動かしていたら左肩が破損しました。

上の足首の画像をよく見てもらえば分かると思いますが、つま先の可動部の根元にはヒビが。
破損まで行かなくても、細かいヒビがある物は他の素体にも幾つかあります。


ただ、少し救いなのが、今のところ何れも2年以上前の物ばかりです。
購入して直ぐに壊れた物も1体ありますが、改良が加わっているならば今の物はもう少し
丈夫な物になっているかも知れません。

私は、やはり仮面ライダーを中心に集めていましたが、ここ1年は破損のリスクにに少し嫌気がさして
手を出すのを止めていたので、最近はどうなっているのか分かりません。

ですから、ここでRAHに対するイメージを固定しないで下さい。
ちょっと先になるかも知れませんが、




少なくとも次回までは(^^)
次回は・・・?

スポンサーサイト
  1. 2010/02/09(火) 22:29:53|
  2. 1/6・300mmサイズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<地球(ほし)を護るは天使の使命! | ホーム | RAH No.300 ブルース・リー 『燃えよドラゴン』>>

コメント

なるほどRAHについてだいたいわかりました
前から名前は聞いていましたがよくわかんなかったモヤモヤがすっきりしました
値段的に僕には生涯無縁の物っぽいですが(笑)

Wとゴセイジャーのネタバレ来ましたね(見てないかもしれませんが)
今年も凄そうだな・・・
以下名前は伏せますがネタバレ

個人的にはゴセイの6人目がいい感じです
このカリスっぽさ、というかリュウジンオーっぽさが凄くいい
あくまで遠目から見た印象ですが

Wパワーアップフォームもカッコいい
正統派な感じがこれまたいい
がアクセルは・・・うーん
色変えただけにしか見えない・・・

ドーパントメモリキターーー
造形は・・・しかたないか


RAH関係無くてすいません
  1. 2010/02/10(水) 18:54:34 |
  2. URL |
  3. swsw #-
  4. [ 編集 ]

>>swswさん
RAHは結構高いですから、興味があってもなかなか手を出し難いですよね。
参考になったみたいで良かったです。

ネタバレ関係は今探してみました(笑)
何だかんだで面白そうな感じですね。しかしバレるの早い;^^)
  1. 2010/02/10(水) 22:17:11 |
  2. URL |
  3. エイジ35 #-
  4. [ 編集 ]

イヌクマ

こんばんは、初めまして。
イヌクマに予約して、お金も先にお支払いしていたのですか・・・

お金は返してもらったのですか?

>次作の注文を受け付けていたのでお金(7~9,000円くらい)を送っているのですが
結局そのまま音沙汰無し・・・

拝見した仮面ライダーイヌクマ製は、兵庫県にあった某○○トイ(ソフビ貯金箱製造元)のご主人が持っていました。
結構、これらのショップ関係は、いい加減な方々が多いのかもしれないですね。
お金、返ってくることを願います。汗水流して働いたお金なんですから。

  1. 2015/01/05(月) 18:27:07 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nurugan44.blog26.fc2.com/tb.php/187-4e67be0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

戯事 (98)
お知らせ (26)
玩具入手一報 (23)
仮面ライダー (81)
ウィザード (1)
フォーゼ(FOURZE) (5)
オーズ/OOO (13)
W(ダブル) (33)
ディケイド (10)
OCC/WFC/FFR (18)
マスコレ (4)
スーパー戦隊 (58)
トッキュウジャー (1)
ゴーカイジャー (5)
ゴセイジャー (18)
シンケンジャー (31)
旧戦隊 (3)
その他ヒーロー (3)
ウルトラマン (1)
メタルダー (2)
合金もの (8)
超合金系 (8)
アクションフィギュア (30)
S.H.Figuarts (13)
ULTRA-ACT (1)
ロボット魂 (1)
S.I.C.関係 (3)
1/6・300mmサイズ (8)
映画関係 (4)
ゾイド (1)
ソフビ (21)
少年リック (3)
インディーズ系 (5)
その他 (12)
その他玩具 (22)
ゴジラ・ガメラ・他怪獣 (4)
ガンプラ (13)
アッセンブルボーグ (2)
ミニカー (3)
ロボゼロ(ROBO XERO) (3)
threeA (4)
ゲーム (2)
感想など (1)
映画 (1)
バンダイチャンネル (1)
未分類 (0)

同志の方々へのリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

プロフィール

エイジ35

Author:エイジ35
おもちゃ好きな青年と呼ばれていたのはいつの事やら…。ギミック大好きなので浅く広く集めてしまいます。
別名"エルモの人"として玩具中心に動画投稿をしていて、ここではYouTubeでの動画を紹介します。
基本的にニコニコ動画にも同じタイトルで投稿していますので、観やすい方で楽しんで下さい。

買う?レビュー?予定かも

★ライダー関係
★S.H.フィギュアーツ
★ULTRA-ACT
★S.H.モンスターアーツ

★戦隊関係
烈車戦隊トッキュウジャー
出発進行!烈車合体DXトッキュウオー&変身ブレス トッキュウチェンジャーセット
烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー
変身ブレス トッキュウチェンジャー
回転銃剣 トッキュウブラスター
特急乗車パス トッキュウバックル
乗り換えチェンジシリーズ トッキュウ1号

★スーパーロボット超合金
★他合金関係
★ロボット魂
★その他

探しものは何ですか?

いつもお世話になっています



あみあみ楽天

プレミアム バンダイ(魂WEB)

☆変身ベルト用延長ベルト
DXシリーズ用

レジェンドライダーシリーズ用


☆ウィザードリングパーツセット
<Lサイズ> リングパーツ4個入り

<LLサイズ> リングパーツ4個入り


<Lサイズ> リングパーツ16個入り

<LLサイズ> リングパーツ16個入り


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
プレミアムバンダイ
ボーイズトイパーク

プレミアム バンダイ

メーカー系リンク

インスパイア:TOPページへ
魂ウェブ
バンダイ ボーイズトイパーク
(株)ジーマ

RSSリンクの表示

My Yahoo!に追加

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト

サーバー・レンタルサーバー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。