ぬる~い玩具道

模型、ゲーム、RC、おもちゃ全般なんでもござれ!浅く、ぬる~く楽しみましょう(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大怪獣シリーズ 一角超獣 バキシム

大怪獣シリーズ 一角超獣 バキシム

バキシムです!

エクスプラス製の大怪獣シリーズ ウルトラマンエース編「一角超獣 バキシム」が
発売されました。
今回、少年リック通信販売限定版を購入したので、そのレビューをしたいと思います。
※久々に長いレビューになってしまったのでご注意を(笑)


1日に到着し、ソフビ固定モデルなので直ぐにレビュー出来ると思ったので、予定していた
他の動画よりも先に作業に入ったのですが・・・色々な事がありまして;^^)

それでも撮影までは全て昨日には終わっていました。が、今度は意外と枚数が多くなってしまい、
その選別や編集に手間取ってしまいました。

ちょと予定外の長めのレビューになりましたが、その理由は最後まで読んでもらえれば(^^)

と、言う事で、バキシムです。
バキシムは、ウルトラマンメビウスでも出てきたのでご存知の方も多いと思いますが、初出は
言わずと知れたウルトラマンA(エース)の第3話「燃えろ! 超獣地獄」になります。

怪獣を越えた怪獣、それが超獣ですが、その超獣の中でもかなり人気の高い方のようで、
以前にも書きましたが私ももちろん大好きな内の1体です。

そのバキシムが、塗装済みソフビモデルとしてエクスプラス(X-PLUS)から発売されました。
もちろん一般に流通する商品なのですが、そのアンテナショップである『少年リック』からは
ギミックやおまけを追加した商品を期間限定受注の通販限定品として販売する事が多く、
今回はその通販限定版を購入しました。

私は、このシリーズ、限定版ともに初めて買ったのですが、受注期間が比較的短いので、
限定版に興味がある方は少年リックのHPを常にチェックした方が良いです。


それではパッケージから。
パッケージ

中身を大きく確認できるウィンドウボックスのパッケージです。
特に限定版などの表記は無く、ネットで確認出来た通常版のパッケージとの違いを見つけるのは
難しいと思います。
ただ、限定版は発光ギミックがあるので、裏面には付属電池に関する説明が貼られています。
一番簡単な見分け方はそこだけだと思います。

パッケージから覗ける様に胴体と尻尾が分かれていて、それを組み立てる作業が必要になりますが、
とりあえず詳細は下の方で。


いつもの感じで、組み立てた本体の様子です。
バキシム:屋外編

昨日は天気が良く、つい屋外で撮ってしまいました(^^)
背中の部分は薄めのクリアオレンジで成型されているのですが、太陽の光が少し透けて
なかなか良い感じ?(^^)

やはり太陽の下、自然光での撮影は容易に綺麗に撮れますね。嬉しくなってそのままレビュー用に
撮り続けたものの、雑草が伸び放題の庭では・・・;^^)


いつもの様に、いつもの場所で撮り直しです。
バキシム:屋内編

私のあまり良くない撮影環境を抜きにしても、背中の部分はどうしても暗めの色に見えます。
内部の反対側はシルバーで塗られていますが、空間が広いのでどうしても暗めになるのでは
ないでしょうか?通常版もクリア成型なのかは分かりません。


発光状態です。
発光状態

3つのLEDで発光して綺麗なのですが、劇中の状態と比べると・・・正直微妙です;^^)
両側面にもLEDが欲しかったところですね。

定価では約1,000円の差なのですが、場合によっては割引のある通常版と比較すると、絶対に必要!
でも無かったかも。
まあ、こういった遊び心のあるギミックは好きなので、今後も続けて欲しいと思います。
今回のバキシムは完全固定、無可動ソフビなので、何だかんだと点けたり消したりを繰り返して
しまっていますし(^^)


それでは、その発光ギミックの構造を。
少年リック通販限定・発光ギミックユニット

ソフビ製の尻尾と、プラ製の発光ユニット部が接着固定されています。
通常版にもこのプラ部分はある様なので、恐らく中身の配線他が無い状態だと思います。
ですから、通常版からの改造は容易かも知れませんね。


接続は、プラ部分から尻尾に差し込んで、その先端を奥の穴(黒い部分)にはめます。
胴体側取り付け部


根元部分は、緑の○で囲った部分が合う様になっています。
尻尾取り付け部

実は、最初にはめた時には上手く奥まで差し込む事が出来ず、数ミリの隙間がありました。
何度か試したのですが埒が明かず、一旦はプラ部分との接着を剥がして確認までしました;^^)

プラ部分を一段奥に入れて接着したらどうか?とか色々やってみたのですが、最終的には
最初の状態で大丈夫?なようだったので元に戻しました。
結局、全体を温めて形を整えたら、きちんと隙間無くセット出来る様になりました。
油断するといつの間にか隙間が出来ている事はありますけど;^^)

まあ、この部分については余計な事をしてしまっていたようです。


そして、やはりエースと対峙させた画像も欲しいな、と・・・
エース対バキシム

済みません;^^)同じエクスプラスからエースも発売されていますが、私は持っていないので
定番のバンダイソフビです。


最後は、大きさ比較に色々と。
大きさ比較

手前のエースと小さいバキシムは、バンダイの定番ソフビです。
ガイガンは同じエクスプラスの『東宝30cmシリーズ』で、その隣りのビリケン製の帰ってきた
ウルトラマンとほぼ同じ、1/6スケールに相当すると思います。
(ガイガンは思い入れのある怪獣(ソフビ?)なので、何れレビューするつもりで用意は既に
しているのですが、他のガイガン関係と含めてするつもりな為、まだまだ先になりそうです。)
バキシムは約23cmなのでちょっと小振りですが、スケール的にはもっと小さいので、その迫力は
しっかりと伝わってきます。

ただ、約15,000円の定価を考えると、丁寧な塗装の手間とかあると思いますが、どうしても
ちょっと割高に感じますかねぇ?

クリアの別パーツで表現された綺麗な緑の目(無色のクリアパーツにグリーンの模様)は
思った以上に良いので、バキシム好きな人でこの造型が気に入ったならオススメしたいですね。


以上、『大怪獣シリーズ ウルトラマンエース編「一角超獣 バキシム」少年リック通信販売限定版
・発光ギミックユニット付属』(長い;^^)のレビューでした。

怪獣達は色々なメーカーから出ていますが、なかなかエースの超獣まで順番が回って来ません!
今後も超獣を期待したいですね(個人的にはトラウマのブロッケンあたりを・・・)。



と、言って終わりたいところですが、実はこのバキシムにはちょっと問題がありまして、
入手して直ぐにいくつか手を入れてしまっています。

ですから、一番上にあるパッケージに納まった画像以外は全て、個人的に手を入れてしまった物で
撮影しています。申し訳ありません。
製品状態のままと同等な感じになる様に撮影はしていますが、もしかしたら製品版とは完全には
一致していない部分もあるかも知れません。その点はどうかご理解下さい。


それでは、何故製品版のまま撮影しなかったのか?何が製品版と違うのか?どこに手を入れたのか?
など、順を追って説明していきたいと思いますが、まずはいくつか画像を。
バキシム:1

バキシム:2

バキシム:3


最後にまとめたこれを。
可動化したソフビたち

この中にはまだレビューしていない物も含まれていますが、過去のソフビレビューを見た事がある方や、
各ソフビの仕様について詳しい方なら、その共通点が直ぐに分かると思います。

もうお気付きですね?

本来、別パーツで成型されているにも関わらず、安全面やコスト面、その他の理由で接着固定
されている部分がごく稀にあります。
その部分の接着を剥がし、可動する様に少し手を加えたのがこれらのソフビです。

バキシムは、大きな両腕、肩の部分を可動するようにしてみました。
もうそれだけで、ポーズの幅が拡がりますので、全然違う物になってしまいます。

ちょっと、と言うかかなりお高い商品なので、手を入れるのには決断が要りましたが、
思い立ったが吉日、決断が揺るがない内に改造しよう!

という事と、もう一点の改造の為、製品状態の画像が用意出来ませんでした。
その為、次で改造途中の画像はありますが、少な目なのもご容赦下さいm(__)m


それでは、いきなりですが、改造途中2くらいと最終一歩手前くらいを;^^)
改造途中前後

この画像で大体何をしたかは想像がつくと思いますが、説明をします。


まず、両腕の可動についてですが、最初から実行しようと思った訳ではありません。
確かに両腕の可動で格段に良い物になると想像はつきましたし、実際そうなったと思います。

しかし、値段を考えてしまうと、700円前後のソフビを改造する時とは流石に同じ気持ちで
実行する事は出来ません。

では何故そうする事になったかと言うと、個体差だったのかも知れませんが、このバキシム、

自立出来ません!

でした(泣)

尻尾があるのに2本足で立ってしまうのがバキシムで、その為非常にバランスが悪くなっています。
もちろんソフビなので、梱包時による歪みや、本当に成型不良である事も考えられます。
ですから、以下に説明する事は私の購入したものだけの個体差である可能性もある話だと
お考え下さい。

まずはドライヤーで全体を温めて柔らかくしてみました。実際、上で紹介したガイガンも
購入時の状態は酷く歪んでいましたが、直す事が出来ました。

しかし、今回は直す事が出来ませんでした。どうしても左足のつま先部分が浮いているのです。
足底自体は平らなのに左右で接地角度が異なるので、尻尾を付けなくても前後でふらふらとします。

つまり、当然、尻尾を付ければ後ろに倒れてしまいます。

次に考えたのは、お湯に浸けて柔らかくして、歪みを完全に直す事です。
背中のクリア部分はもともと柔らかめですが、胴体部分は硬めのソフビなので、ドライヤーで
全体を温めて完全に歪みを直すのは容易ではないからです。その点、大きな鍋にお湯を入れて
柔らかくすれば、全体の歪みを直すのは容易い事です。

ただそれで問題なのは、そのままお湯に浸けた場合、内部に水が残ってしまう可能性がかなり
あります。各部が接着されているとは言え、完全に密封されているとは限りません。

ですから、もし実行するならば、接着されている部分を剥がす必要があります。

これにはかなり悩みました。
一部組み立て部分があるとは言え、一応完成品です。それに手を加えてしまうのにはかなり
勇気が要ります。接着された後に塗装がされていますので、その部分がどうなるかも心配でした。
もちろん、高額商品である事も大きなハードルに;^^)


・・・そして出した結論は、とにかく剥がす!


何故なら、例え歪みが取れてバランス良く立つ事が出来たとしても、このままだとそんなに
前後バランスの良い状態ではないと思えたからです。

ならば、足の中に石膏を流して下半身を重くしてみよう!

そういう事になりました(笑)
ソフビの場合、長い間には熱や自重で傾いてしまう事もあるので、その防止策でもあります。
ちなみに、石膏は割れたりしやすいので、本当は木工パテなどが良いそうです。
(これは某巨大掲示板で教えてもらいました。暇な方は探してみて下さい(笑))

とりあえず、その情報を得る前でしたし、直ぐに実行したかったので、以前も使った事のある
石膏を使う事にしました。

こうなれば、もう後はお湯に浸けながらゆっくりと各部をひっぱり剥がすだけです。
可動化の可能性を考えれば、両腕を剥がすのにためらう理由はなくなりました。

が、実際に剥がしてみるとまたまた問題が・・・。


まずは足から。
両足、改造途中

足首で分かれて既に石膏を流してある右足と、そのままの左足です。

何故右足は足首で分かれているかと言うと・・・剥がしてみて分かったのですが、足の中を
覗いてみると、ちょうど足首の辺りに蓋がされ、このまま石膏を流しても足首までは届かない様に
なっていました。全体に石膏が行き渡らなければ、バランスを取る事が出来る様になっても、
自重での傾き防止にはなりません。

よく見てみると、足首で2つのパーツに分かれる様に見えます。
しかし、上手く塗装されているせいか、足首で接合されている確証が持てませんし、お湯に浸けて
柔らかくしても、一向に剥がれる様子もありません。

ガチガチに接着されているか、もしくは違う場所で接着されているのか、結論は出ませんでしたが、
ここまで来たら後戻りは出来ません。思い切ってカッターで切れ目を。

結論としては、足首でパーツが別になってはいないようでした。もう一段上の部分でパーツが
分かれていたのかも知れません。
この部分については、実際に切り込みを入れても結局よく分かりませんでした。その時の画像は
無いので上手く説明出来ませんが、足首のところに蓋があったのは確かです。

足首に石膏を流して固め、蓋の部分をくり抜き、足首を瞬間接着剤でくっ付け、最後に足全体に
石膏を流しました。
カッターで切り離したものの目立たない部分なので、よほど注意して見ないと分からないのは
幸いでした。

これを両足分終えた状態が、上の最終一歩手前の画像です。


次に両腕ですが、これはちょっと予想外でショックでした。
左手、かん着取り付け後

肩の付け根にあたる部分に、赤いパーツが付いています。
これは、私が他のソフビの残りを利用して接着したもので、ソフビとソフビを接着以外の方法で
繋げる時などに使われる部分です。
かん着と呼ばれているそうですが、一度でもソフビの可動部を外した事があれば、見た事があると
思います。

では何故その部分を私が接着しているかと言うと、もともと切り離されてついていなかったからです。
当然、胴体側にも穴が開いていませんでした。胴体と腕は、単に接着されていただけだったのです。

ここで上の方の改造途中の画像の、足の付け根部分を見て頂きたいのですが、モールドはあるものの
穴が開いていないのが分かるかと思います。腕の付け根部分を見ると穴が開いていますが、実は
最初は足と同様に穴は開いていませんでした。

足の付け根の接合部の形は特殊なので仕方ありません。しかし、腕の方は円状になっているので、
穴を開けてかん着を使って接合していれば、接着だけを剥がせばそのまま可動出来る!
と思っていました。

しかし、実際にはかん着部は切り落とされ、穴も開いていない、最悪の状態でした・・・。

どう見てもバキシムの場合は、腕が可動しても外見が悪くなり難い形状です。それなのにそれを
活かしていないのは非常に残念です。

それはそれとして、いつまでも嘆いていても仕方が無いので、そのまま接着しなおすか、それとも
自分で改造するか、を考えました。

もちろん可動させるつもりで考えていましたが、穴開けは簡単でも、存在しないかん着部分を
どうするかで悩みました。穴を開けて出来たパーツでかん着部を作る事も考えましたが、昔作った
ソフビキットの破片が残っているのを思い出し、それを流用する事に。それが赤い部分です。
そのおかげで今回は非常に簡単に可動化に成功する事が出来たのですが、そのキットとは、
大きさ比較にも使った、帰ってきたウルトラマンです(笑)

かん着部分さえクリアすれば腕の可動化は容易だと思いますので、チャレンジする価値は
あると思います。ちなみに、最終的に足の付け根部分も穴を開けてみました。これは、腕の接続時に、
内側から形を整える為です。


以上で、バキシムの改造は終わりです。
足が重くなる事によって、起き上がりこぼしと同じ様な状態になり、ちょっとやそっとでは
倒れる事は無くなりました。又、腕の可動化で色々な表情を付けることも出来るようになり、
より愛着の持てるアイテムに(^^)

以降は、それが嬉しくてつい屋外で色々と撮ってしまった画像です。
似たような画像が多いですし、説明も特にありませんが、購入や改造の参考にでもなれば、
と思います(^^)



バキシム:4

バキシム:5

バキシム:6

バキシム:7

バキシム:8

バキシム:9

バキシム:10

バキシム:11

バキシム:12

バキシム:13

バキシム:14

バキシム:15

本当にこれで最後です。
久々に長い説明とレビューになってしまいました。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます(^^)
バキシム:16

メーカー:エクスプラス(X-PLUS)
商品名:大怪獣シリーズ(R)
ウルトラマンエース編「一角超獣 バキシム」
少年リック通信販売限定版・発光ギミックユニット付属
定価(税込):15,540円(+送料735円=実質16,275円)
電池:ボタン電池(LR44×2)付属
発売:2010年5月1日頃

通常版は
定価(税込):14,490円
電池:不要
発売:2010年5月1日頃



スポンサーサイト
  1. 2010/05/03(月) 23:35:27|
  2. 少年リック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<メガサイズモデル ガンダム with G30th ver.マーキングシール | ホーム | 超多色発光剣 DXプリズムビッカー>>

コメント

意外な部分が光るんですね、目も光ったらカッコよさそうですね、パーツの白い部分は発泡スチロールですか?
  1. 2010/05/04(火) 22:16:54 |
  2. URL |
  3. psix2 #-
  4. [ 編集 ]

>>psix2さん
本当は背中全体が光るともっと良かったんですよね。

白い部分って足とかのですよね?あれは石膏なんです。ちょっと説明不足で
申し訳ありませんでした。長い説明をしていると段々と焦ってきて、チェックが
甘くなっちゃいますね;^^)
  1. 2010/05/04(火) 23:47:50 |
  2. URL |
  3. エイジ35 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nurugan44.blog26.fc2.com/tb.php/251-50d857ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

戯事 (98)
お知らせ (26)
玩具入手一報 (23)
仮面ライダー (81)
ウィザード (1)
フォーゼ(FOURZE) (5)
オーズ/OOO (13)
W(ダブル) (33)
ディケイド (10)
OCC/WFC/FFR (18)
マスコレ (4)
スーパー戦隊 (58)
トッキュウジャー (1)
ゴーカイジャー (5)
ゴセイジャー (18)
シンケンジャー (31)
旧戦隊 (3)
その他ヒーロー (3)
ウルトラマン (1)
メタルダー (2)
合金もの (8)
超合金系 (8)
アクションフィギュア (30)
S.H.Figuarts (13)
ULTRA-ACT (1)
ロボット魂 (1)
S.I.C.関係 (3)
1/6・300mmサイズ (8)
映画関係 (4)
ゾイド (1)
ソフビ (21)
少年リック (3)
インディーズ系 (5)
その他 (12)
その他玩具 (22)
ゴジラ・ガメラ・他怪獣 (4)
ガンプラ (13)
アッセンブルボーグ (2)
ミニカー (3)
ロボゼロ(ROBO XERO) (3)
threeA (4)
ゲーム (2)
感想など (1)
映画 (1)
バンダイチャンネル (1)
未分類 (0)

同志の方々へのリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

プロフィール

エイジ35

Author:エイジ35
おもちゃ好きな青年と呼ばれていたのはいつの事やら…。ギミック大好きなので浅く広く集めてしまいます。
別名"エルモの人"として玩具中心に動画投稿をしていて、ここではYouTubeでの動画を紹介します。
基本的にニコニコ動画にも同じタイトルで投稿していますので、観やすい方で楽しんで下さい。

買う?レビュー?予定かも

★ライダー関係
★S.H.フィギュアーツ
★ULTRA-ACT
★S.H.モンスターアーツ

★戦隊関係
烈車戦隊トッキュウジャー
出発進行!烈車合体DXトッキュウオー&変身ブレス トッキュウチェンジャーセット
烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー
変身ブレス トッキュウチェンジャー
回転銃剣 トッキュウブラスター
特急乗車パス トッキュウバックル
乗り換えチェンジシリーズ トッキュウ1号

★スーパーロボット超合金
★他合金関係
★ロボット魂
★その他

探しものは何ですか?

いつもお世話になっています



あみあみ楽天

プレミアム バンダイ(魂WEB)

☆変身ベルト用延長ベルト
DXシリーズ用

レジェンドライダーシリーズ用


☆ウィザードリングパーツセット
<Lサイズ> リングパーツ4個入り

<LLサイズ> リングパーツ4個入り


<Lサイズ> リングパーツ16個入り

<LLサイズ> リングパーツ16個入り


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
プレミアムバンダイ
ボーイズトイパーク

プレミアム バンダイ

メーカー系リンク

インスパイア:TOPページへ
魂ウェブ
バンダイ ボーイズトイパーク
(株)ジーマ

RSSリンクの表示

My Yahoo!に追加

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト

サーバー・レンタルサーバー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。